フィトリフトの成分・副作用・安全性について

フィトリフトは高い美肌効果を持ちながら、安心して使える無添加処方の化粧品でもあります。動物性の原料をいっさい使っていません。

 

香料、着色料、鉱物油、パラぺンも無添加、そして、アレルギーバッチのテストをクリアしています。

フィトリフト,成分,副作用

 

フィト発酵エキス

 

悪いところがあれば「薬で治す」という、現代医学の考えとは異なる視点から生まれたのが「フィト発酵エキス」です。人は誰でも自然治癒力を持ち、体のあらゆる部分に自らを癒す免疫細胞が存在します。

 

この免疫細胞の働きを強め、サポートするのが免疫細胞活性素材のフォトエキスです。フォトエキスは、私たちが食物としている植物と共生している「パントエア菌」から取れる糖脂質。

 

パントエア菌はごくわずかな量でも免疫力を活性化するのが特徴です。パン酵母の約10万倍、乳酸菌の約1万倍の働きがあります。

 

フィトリフトではパントエア菌をアレルギー性の低い白高キビを発酵させて使っています。独自に開発されたこの成分は動物性のプラセンタの美肌効果を上まることも。高い効果が得られる上に、植物生まれなので安心度が高まります。

 

角質層の奥まで浸透したフィト発酵エキスは、素肌の水分をしっかりとキープして、みずみずしさとハリを長時間保ちます。

 

バラ子房エキス

 

「子房(しぼう)」とは受粉を経て、実を結び種となっていく部分です。

 

植物にとって子孫を作り出す場所なので、動物にとっては「子宮」に当たる大切なところです。この子房から抽出したエキスは古い角質に潤いを与え、肌をふっくらと柔らかくします。

 

ダイズエキス

 

イソフラボンの一種である「ゲニステイン」がたっぷりと配合されています。ゲニステインはイソフラボンの中でも大きな保湿効果が期待されています。女性ホルモンとの関わりがあることが研究の結果わかっています。

 

保湿効果も高く、肌の中からハリと弾力を呼び戻すパワー秘められています。美肌作りには欠かせない成分です。

 

フィトリフトは植物の力で、衰えていく肌に活力を与えます。活性化された肌が、今度は自分の力で潤いやハリを作り出します。その上、天然由来の成分で作られているので、副作用も無く安心して使える化粧品です。

 

⇒フィトリフトのお試しキャンペーンはこちら